Uncategorized

無視せざるを得ぬ町っ! 2話まとめ

 

1話のあらすじ

オッパイでかくてエロい従姉

エッチの練習のしたいヒロトとタケル

すけべな話がほんとは大好物の姉

オンナたちにぶっかける1話であった。

第2話 「姉ちゃんがあんな声で…」姉の喘ぎを聞きながら貪る従姉の味 あらすじ

ペロ

ぶっかけた精液を舐めはじめる従姉マナミ

おいおいエロさをカラダだけじゃなく態度で示してくるじゃないか

ヒロトの興奮を誘うサービスシーンだ

じゃあ約束通り今度は

ん…

ウチたちのを見せてあげるね

前かがみでエロティックな動きで、

ピンクのパンツを脱ぐ従姉マナミ

いい景色だ・・・

姉のパンツは白か…これも…いいね

こっちきて…しゃがんでみて

ノーパンのアソコは暗くてよく見えないが

なぜか引き込まれるようだ

おいおい姉ちゃん

パンツちゃんと脱げてませんよ!

膝にかかってるよ!

そんな無粋なことを言うと冷めちゃうから黙っているヒロト

そっちのほうがエロいからね

さぁご開帳

ワンピースを自分で上げて性器を

つまり

マンコを公開するマナミ

ごくり

 

無修正リアルマンコを目の当たりにするヒロトは

見た目、匂いを楽しむ

タケルは姉のマンコをジロジロジロと観察し、

毛がある!

発見を言葉にする

オトコたちの観察タイムは終了し、

指を突っ込み、顔を突っ込み、舌を突っ込む!

あふれ出る汁を顔全体で感じ

快感でイったオンナの振動を吸収する。

未定

 

◇◆無料試し読みはコチラから◆◇

2話の感想

さて、今回もヒロト視点、タケル視点で楽しんでいこう

ヒロト視点では・・・

ぶっかけて若干興奮の冷めるだろうシーンから。

しかし、精通し、オナニーの快感を知ったあの頃。

無限に射精できそうなあの感覚を思い出してほしい。

1発だけ?もっといける。

ちなみに俺は、初めてのオナニーは高校1年生の深夜。

もうドバドバ出るあの精子の量に腰を抜かしてしまった。

あの快感はもう思い出せないが、

気持ちよすぎておかしくなりそうだったこと

それだけは覚えている。

脱線したね。

マンコ

未知の存在のその性器をまじまじと見つめる。

エロ本を凝視したことはあるが、

リアルのものを初めて凝視。

クニクニと刺激を与え、

顔を突っ込む!

ベロベロと舐めとってイったときに震えるカラダの振動は

ダイレクトにヒロトに頭に伝わる。

本能でオンナを感じる。

当然

勃起するわけだ!

3話で再度勃起したそれをどうするか、次回語ろう。

さぁタケル視点。

タケルの従姉の涼音。

クールぶってるクラスの女子を想像してみよう

その女子のマンコ

ちょっと毛が生えたそれを指摘してあげる

恥ずかしがったところに

顔を突っ込む!

舌のザラザラ部分を使って執拗に攻め立て

イかせてあげる

そうやって、オンナにしてあげる・・・

そのあとは…わかるね?

 

◇◆無料試し読みはコチラから◆◇